日常生活・食生活改善を薄毛対策に役立てる

4SI6Q
薄毛の原因は色々ありますが、日常生活に起因するものもあります。特に食生活や生活習慣などは薄毛だけでなく様々な体の健康にも影響を与えています。
薄毛対策は治療だけでなく、生活改善をすることでも予防、改善が期待できます。

若いうちの薄毛は遺伝などに影響される部分がありますが、多くの場合、生活習慣の乱れや食生活の乱れに左右されているといえます。

まず、不規則な生活から充分な睡眠がとれていないことがあります。
眠っている間には細胞の新生や記憶の処理などが行われ翌日に備えるのです。
身体が体内時計の定めたスケジュールに従って働こうとしているのに、眠らずあらゆる機能を日中と同じように動かしている状態では、仕事をし残して翌日を迎えてしまうわけですから、心身ともに良くないに決まっています。

また、食生活は睡眠と同じくらい生きてゆく上で大切な習慣の一つと言えます。
偏った食事や、過激な食事制限でのダイエット、栄養のバランスを無視した食事を続けると体調にも髪にも悪い影響しか与えません。

嗜好品も髪や身体に影響しています。特に飲酒、タバコはあまりおすすめできません。
タバコに含まれるニコチンやアルコールは血行不良の原因になります。頭皮への栄養が行き渡らず薄毛や抜け毛を促進してしまいます。

運動不足で血液中の脂肪分が消費されず血管の詰まりを起こすことも抜け毛の原因になります。血管の詰まりは血流の妨げになるため栄養分が頭皮に行き渡らないからです。

●食生活改善で薄毛対策

頭髪は常に外気にさらされて、過酷な環境にあります。紫外線やほこり、雑菌は避けようがありません。その上、カラーリングやパーマ、スタイリング剤など、健康でいるのが困難ともいえます。

外からケアすることにも限界があります。髪を作っている内側に目を向けて髪に優しい食事をすることも考えましょう。

髪に必要な栄養素の中でも亜鉛などのミネラルやビタミンEはとても大切なものと言われています。手っ取り早くサプリメントを利用するという方法もありますが、できるだけ食べ物から摂ることが大切です。

積極的に食べたい食品を上げてみましょう。

<納豆>は髪の素となるタンパク質が豊富で、大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因であるテストステロンの分泌を抑制します。また大豆には皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2が含まれているため、頭皮の環境改善に役立ちます。
そして納豆だけに含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果があるため、頭皮の血流がよくなります。

<生牡蠣>も亜鉛が豊富ですから、薄毛対策に効果があります。亜鉛が不足すると髪の生成が抑えられてしまいます。生牡蠣ほどではありませんが、牛肉、豚レバー、魚介類にも亜鉛が多く含まれています。

その他<レバー>、<高野豆腐>、<焼き海苔>、<緑黄野菜>、<ナッツ類>、<かんきつ類>、<いわし>、<乳製品>などを摂ると良いといわれています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>