男性の育毛と女性の育毛について

4zwi
男性型脱毛症というよりAGAと言った方がピンとくるという人がいるかもしれません。
どちらも同じ意味なんですが、AGAという表現なら当事者を傷つけないような気がするのは私だけでしょうか。

AGAは主に成人男性に現れる症状で、少し前までは遺伝だからとあきらめる人が多かったのですが、遺伝のだけではなく男性ホルモンが深く関わっているということが分かりました。

AGAは専門医で治療できるようになってきて、男性にとっては希望の光が見えてきているようです。しかし問題なのは、自分がAGAであるということに気づかず放置してしまう方がいて、気にし始めた時には毛根を包んでいる毛包がなくなってしまっている場合は治療が難しいのです。

AGAは身近な人が気にしてあげて、さりげなく気づかせてあげること。
少しでも早めに治療を始めれば、改善できる可能性が高いのです。

最近は男性専用の育毛サロンなどもあり、AGAに限らず髪に関する悩みを相談できたり、治療できるサロンやクリニックが増えています。また、ネットでは誰にも知られずカウンセリングの予約ができますから、悩んでいないで行動に移すことが大切です。

●女性の育毛

育毛サロンは男性が通うところと思いがちですが、薄毛に悩む女性のための育毛サロンも存在しています。美容室やエステサロンなどのメニューの一つに育毛を上げているところも多く、市販のケア用品を使ったヘッドスパなどの施術を行います。

育毛・発毛を専門にしているサロンでは、西洋植物療法や東洋のツボ療法、リンパの流れなどの知識を持つエステシャンが施術を行い、育毛・発毛しやすい頭皮環境を整えます。アロマオイルなどのエッセンシャルオイルを使用するなど、ストレスの解消になるような演出もありますから、薄毛の原因となるストレスの解消にもなります。

医療機関では求めにくいリラクゼーションや癒しが得られるのもサロンの特徴といえます。
また、美容室とは違って専門サロンは完全個室ですから、リフレッシュしたい人にとっては一石二鳥といえます。

ただし、専門サロンは医療機関ではないので必ずしも育毛・発毛の効果を実感できるわけではありません。同じ施術をしても個人差があるので、友だちが良い評価をしたからといって自分にも効果があると期待するのは無理かもしれません。なおかつ費用が高額だということを覚悟しなければなりません。

●AGAについて

年齢とともに、髪が薄くなってきたという自覚があれば、それはAGAであり、すでに症状が進行している状態なのかもしれません。

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症と和訳されますが、最近は日本でも「AGA」と言い表しています。遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、薄毛がめだつようになり、頭頂部から、あるいは額の生え際から徐々に薄くなってゆっくり進行します。

日本でこの症状を持つ男性は約1300万人以上といわれています。しかしその全ての人が適切な育毛ケアを行っているわけではありません。1300万人のうち気にかけている人が800万人、何らかのケアを行ったことがある人が650万人と言われています。

ある程度の年齢になれば薄くなるもの、遺伝だからと気にしない人もいます。自身が納得して受け入れていればいいのですが、そうでなければ治療すれば改善できるということを知ってほしいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>