薄毛の原因

0Ptf

薄毛は髪が細くなる、もしくは抜け落ちて毛量が少なくなるというような、髪が正常な成長をしなくなった結果、地肌が見えてしまう状態をいいます。

薄毛の原因は大きく分けて4つあると言われます。

1.遺伝
薄毛は遺伝的要素が大きく関係しているといわれます。男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べることでそれが解りますから、その結果、個々にあった治療方針をたてることができます。

2.男性ホルモン
テストステロンという男性ホルモンがヒゲや体毛などの成長に大きく関係していますが、頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞を委縮させるホルモンに変化してしまい、髪の成長を妨害するのです。

3.ストレス
正体のわからないストレスは心身に悪い影響を及ぼしていますが、毛髪にとっても例外ではありません。ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、血流が悪くなると毛根に栄養を十分に運べなくなり毛の生え変わりのサイクルが悪くなります。

4.食事・生活習慣の乱れ
髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は、常に不足気味だと言われています。食事から充分摂れない場合は、サプリメントなどで補う必要があります。
また、同時に不規則な生活も髪の毛の生成や成長に悪い影響を与えます。頭皮を不潔にしていたり、ベタつきなどがあったり、シャンプーしても髪全体に臭いがあったら、皮膚科などで早めに相談すると薄毛や抜け毛を予防することになります。

薄毛とかハゲというと遺伝だから、隔世遺伝だからという方が多いです。
なんとかそれで自分や周りを納得させたいという現れなんでしょうけど、実際には薄毛が遺伝するのではなく、薄毛になりやすい体質が遺伝し、その家の生活習慣が遺伝的要素として影響すると言われています。

しかし、ある程度の年齢になるとだんだん薄くなっていき、ついには地肌が見えてしま
男性型脱毛症(AGA)は特に遺伝だという説が強いです。

それは男性ホルモンのテストステロンに関係しています。薄毛を引き起こしているのはテストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)だということがわかっています。

DHTは毛乳頭のアンドロゲンレセプターと呼ばれる部位に結合し、毛母細胞の分裂が止まったり、死んでしまったりして薄毛の原因となります。遺伝的にハゲやすい人はDHTがアンドロゲンレセプターとくっつきやすい性質を持っているからです。
言い換えるとハゲやすい人はDHTに対する感受性が高い、あるいはDHTの作用が強いといえます。

アンドロゲンレセプターの感受性が高い人の遺伝子の配列の仕方が、ある特定の配列の場合にハゲやすいという研究結果が報告されています。なので、AGAは遺伝に大きく関与していると言われているのです。

アンドロゲンレセプターは頭の部位によっては存在しないところがあります。なのでその部分はハゲません。よく後頭部と側頭部だけフサフサしているけど、頭頂部と前頭部が薄くなっている方を見かけますが、後頭部と側頭部以外の部分にアンドロゲンレセプターが多く存在しているからです。

遺伝子の配列について検査をすることで、将来自分が薄毛になるかどうかを知ることができます。検査料は15,000~20,000円程度と高いような気がしますが、検査結果に応じて適切なアドバイスを受けることができるので、一概に高いとも言えないですね。

AGAや薄毛が遺伝だという説はいまだに100%解明されているわけではありません。
色々な研究がされていて、すこしづつ分かってきていますが遺伝以外の原因がたくさんありますから、遺伝だからとあきらめないでください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>